ごあいさつ

 福島県庁消費組合は、福島県職員の福利厚生事業を目的に昭和21年3月に設立され、県庁舎・県立病院を中心に売店、食堂などの運営を通じて組合員の皆様のニーズに対応してまいりました。

 

 昨年3月の東日本大震災と原発事故の影響が未だ払拭できない状況等厳しい経営環境にありますが、県産品の安全・安心のPRとともに、県産果物の斡旋などの「地産地消」に取り組むなど、今後とも「信頼され、必要とされる組合」を目指してまいります。

 

 このたび、懸案でありましたホームページを開設いたしましたことから、これを契機に、さらに組合員の方々はじめ当組合を利用される多くの皆様のご期待に応えられるよう事業運営に努めてまいりたいと考えております。

                                             (平成24年12月)